朕の覚え書き

自由な心であれ

【自己紹介・このブログについて】

 

なまえ  ぱるみちん

Twitter @paru_Qp

 

・きゅーぽけ4年

・PCL2019地方運営

・第5回真皇杯九州予選主催

・九州ポケモンフェスタ主催

・名古屋ポケモンフェスタ主催

ポケフェス福岡主催

 

 普段はシングルバトルをやってます。気が向けばダブルバトルポケモンカードなど色々なルールで遊んでます。

 

 

 


〇好きなポケモン

ガルーラ

ビビヨン

 

その他いろいろ

 

〇活動記録(オフレポやレートの戦績など)

 

 

 

 

little-tale.hatenablog.com

little-tale.hatenablog.com

 

little-tale.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

オフ会が好きです。参加者側も楽しいですが、運営側もやりがいがあって好きです。

遠征がてら旅行できるので楽しいです。

 

 

 

ポケモン活動を通しての目標

ポケモンを通じて多くの方と出会い、生活をより充実したものにできるように努めたいです。

 

 

 

 

〇このブログについて

「自分の思い出を綴る」ということを念頭に書いています。基本は自分のために書いているので、ブログを見ていただく際はそのことを理解した上でご覧ください。

 

 

それでは、今日もポケモンを楽しみましょう!

 

 

 

「ぱるカップ」

 

こんにちは、ぱるみちんです。

 

久しぶりに7世代シングル大会を開催します!奮ってご参加ください!

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/E/Esper1029/20160215/20160215173330.png

 

 

【大会概要】

・9月12日(土)20時大会開始
・USUMレート準拠シングル6350
・1戦ごとにパーティ変更可能
TOD禁止
・トーナメントくん使用

 

 

【申請方法】

・この記事を載せた自身のツイートが投稿されてから、9月11日(金)23時59分まで受け付けます。


・該当ツイートに下の例の通りに TN@フレンドコード をリプライでお願いします。



(例)ヘレンケラー@3325-4294-1954

 


いいねと返信が来たら登録完了です。時間が経っても返信がない場合再度連絡をお願いします。

 

 

【その他】

・大会関係者との連絡を円滑に行うため、大会中はTwitterの鍵を外すようお願いします。

 

・試合時間が20分を超えて終わりが見えない場合は、お互い話し合って勝敗を決めてください。それでも決まらない場合はじゃんけんで決めます。


・回線切れの画面は必ず写真に収めてください。原則切れた方の負けとします。


・放送は相手の許可を取らずにして構いません。


・大会中に荒らしと思われる行為が見られた場合、失格とします。大会関係者が不快になる行為、発言は慎んでください。また一部のプレイヤーに関してあらかじめ参加を拒否させてもらう場合があります。ご了承ください。

 

・大会中、プレイヤー間のやりとりなどが原因でのトラブルについて主催は責任を負いませんのでご了承下さい。


・優勝者にはささやかながら景品を贈る予定です。

 

 

 

 

このような形式の大会運営は初めてなので至らぬ点もあるかと思いますが、温かい目で見守ってくださるとありがたいです。

 

 

 

訳アリきのみではなく”本物の”きのみを食べて食欲の秋を満喫しましょう。

 

【ケニア式ウラポリエスバ】【s8シングル最終2001】

 

 

~ポレポレで逝こうよ~

 

 

【構築概要】

f:id:little-tale:20200801042115j:image

 

 

【経緯】

知り合いのけにやんさんから対面構築の案を頂き、これをベースに改良を重ねていった。

当初は鉢巻ゴリランダーやスカーフヒヒダルマを入れていたが、たまに当たる受け系統の構築や受け攻め半々のような並びへの戦績の悪さからゴリランダーの枠をドラパルトに、選出率の低かったヒヒダルマの枠をバンギラスへ変更した。

中盤以降、水ウーラオスの通りが良くないと感じ、ミミッキュなどに変更しようか悩んだものの、逆張りケニア人なので水のまま使い続けた。

 

 

【個別紹介】

水ウーラオスきあいのタスキ

175-182(252)-120-x-81(4)-163(252)

 

先発枠。中盤以降はカウンターじゃんけんが多発して扱いづらくはなったものの、それでも初手性能の高さは十分なものがあった。

 

 

ポリゴン2@しんかのきせき

191(244)-x-134(188)-148(78)-115-80

 

2体目に出すことが多かった。ポリゴン2を通して勝てそうな選出だと判断した場合はギャラドスやパッチラゴンなどに対して積極的にダイマを切っていった。適当に動かすとジバコイルや身代わりポリ2に嵌められるので注意。

 

エースバーン@ラムのみ

159(28)-177(196)-102(52)-x-96(4)-168(228)

1つの型として十分な完成度を誇っているポケモン。エースバーン本来の強さであるダイジェットやキョダイカキュウでの制圧力に加え、ラムビルドによるドヒドイデや電磁波ドラパルトへの回答が持てるのが強かった。そしてダイウォールによりトリルターンの調整ができたり、ノーマルへのタイプ変更により、はらだいこを積んだマリルリのアクジェやきあいだめを積んだインテレオンのねらいうち急所を耐えて切り返せた場面も多く、対応力の高さを感じた。

 

~調整意図~

Fumiyaさんからアイデアいただきました

 https://note.com/yaguchi238/n/n055a607cdd46

 

 

ドラパルト@いのちのたま

163-x-95-152(252)-96(4)-213(252)

威嚇がらみで受けをしているような並びに対して選出をした。エースバーンと違いダイウォールができないことやポリゴン2が多かったことで微妙に扱いづらかった。

 

バンギラスじゃくてんほけん

207(252)-x-132(12)-160(244)-120-81

縁の下の力持ち枠。たまに当たる6体受けポケモンのような並びに対してイージー

取れて気持ちよかった。ただ普段の選出に一生組み込めないのが難点。

 

ジバコイル@こだわりメガネ

165(156)-x-135-200(252)-110-93(100)

ウーラオスが苦手なアシレーヌ、ドラパルト、ダイマキッスなどの相手をすることが多かった。眼鏡てっていこうせんでH振りカバを一撃で飛ばしたときは爽快だった。

 

【基本選出】

①ウーラオス+ポリゴン2+エースバーン

最もよくした選出。

ウーラオスで初手を突破→相手の2体目がダイジェット→ポリゴン2でトリルを貼りながらダイマターンを枯らす→エースバーンでダイマを切って削れた2体目と3体目を突破

のような流れが多かった。

 

ジバコイル+ポリゴン2orウーラオス+エースバーン

ドラパルトやアシレーヌなど初手水ウーラオスの通りが良さそうでないときにはジバコイルを度々先発させていた。

実質襷2枚になる選出やできたり、ジバコイルをトリルで再利用する立ち回りもできる。

 

【結果】

メイン:最高2008 最終爆散

サブ:最高2060くらい最終2001

 

f:id:little-tale:20200801144819j:image

 

 

【改良点】

バンギラスの枠

どうしても環境に刺さってないので数十戦ごとにしか選出できていなかった。最終日のような短期決戦に向けてはトゲキッスなどで受け構築に誤魔化しを入れつつそれ以外の構築に対しての勝ちパターンを増やせると良いと思えた。

 

・ドラパルトの枠

自信が特殊ドラパルトの扱いが下手だったので強さを引き出しきれずにシーズンを終えてしまった。この枠も環境に応じて技構成やポケモン自体を変えていくと勝率の向上が見込めるかもしれない。

 

 

【ふりかえり】

 7世代に自信が愛用していた襷ゲコ+トリルミミ+メガガルーラのような感覚で扱え、

最終的に8世代初のレート2000を達成できたので非常に満足な結果であった。

 最終日は1ロム特攻になってしまったが20帯から落ちることなく戦い続けられた。

2桁手前であと一歩勝ちきれなかったのは少し悔やまれるものの、とりあえず目標は達成できたので今後とも精進したい。

 

 

 (小話)ケニア式の由来

ikenumagorira.hatenadiary.jp

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

そんなあなたに今期イチオシのパキ麺スを紹介して終わりにしようと思います!

 

ジャスミンティー冷やしラーメン」

f:id:little-tale:20200801144806j:image

 

 

 

↑自身がジャスミンティー好きではないこともあり半信半疑で調理しましたが革命的な味でした!!!

 

是非皆さんも一度作ってみて下さい!

 

 

おしまい

 

 

「鈍怠カバルドン」

カバルドン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

 

 

カバ@盆 HBぶっぱ

鈍い・怠ける・地震・雷の牙

 

積んでダイマ切るとバケモンみたいな耐久になる。

カバメタのラムビルドエスバ含め対面であればほぼすべてのエスバに対応可能。

意気揚々と後出ししてきたギャラや飛び跳ねて勝利を確信したエスバを吹き飛ばすのが楽しかった。

 

おもちゃパキメンだがなんだかんだ150位まで来れたので、今期は鈍怠カバを信じている。

 

 

 

 

 

p.s.夏に福岡でオフやります(決意)

 

「初クリアまでのポイント」【OneStepFromEden】

 

 

結論から言うと

 

数周して敵キャラの動きに慣れる

「アヌビス」+シールド系統」(キャラはサフロンやセリシーが好ましい)のデッキを組むことを目指す

 

 

これで初クリアは十分可能です。


以下このことについて、もう少し詳しく説明していきます。結論だけ知りたかった方々はブラウザバックしていただいて構いません。

 

 

 

 

主にプレイ始めの方々に向けた記事なので、細かいことはwikiなど参照。

 

未プレイの方向けに簡単に説明しておくと、

ロックマンエグゼ」シリーズのウイルスバスティング(バトル)とよく似たゲーム。switchのDL(約2000円)やsteamで購入可能でPvPなどもあるので暇つぶしが欲しい方やエグゼシリーズのバトルシステムが好きだった方は是非。

 

 

Nintendo Switch|ダウンロード購入|One Step From Eden

(サムネ用)

 

 

 

 

さて、本題ですが、初クリアを目指すにあたっての主な壁は以下の通りだと思います(順不同)。

 

①バトルスピードが速い
②十分な回復ができない
③各マップでの進路の選択で迷う
④進度に伴う難易度の上昇
⑤スペルやアーティファクトの選択で迷う

 

 

①バトルスピードが速い

普段アクションゲームに慣れている方々は大丈夫なのでしょうが、私はそういうゲームが苦手かつロックマンエグゼの先入観(カスタムで思考→バトルタイム→カスタム画面突入→...)にとらわれていたので、このゲームのバトルテンポで連戦するのは厳しいものでした。

解決策として、

 

・何度もバトルを重ね、様々なスペルを使用しながら動きに慣れる
・ある程度被弾してもいいように、防御に重点を置いたデッキ構成にする
・範囲の広いスペルで攻撃していく(「アヌビス」の毒や「ダイカンパ」の凍傷付与は基本必中)

 

などオススメです。

 

②ボス戦までに十分な回復ができない

ゲームスタート時の体力は1200(サフロンの場合)です。このゲームは道中、特にボス戦までの回復手段に乏しいので、特に後半になる連れて慎重な立ち回りが求められます。
主な回復手段としては、1バトル1度だけ40回復のスペルや、ショップやリザルトで250回復を道中で入手することですが、運要素が高いです。


解決策として

・バトル中は「シールド系統」のスペルを多用し、シールドの数値を高めていく
・各マップ「焚火(体力回復ゾーン)」のあるルートを選択する
・ボスにとどめを刺さない

 

ことがオススメです(もちろんすべての攻撃を回避できればそれで解決できますが)。


体力数値とシールド数値が別枠で存在しており、シールド数値がある場合はそちらから削られていくので、バトル中はいかにシールドを強化し、被弾を減らせるかが重要です。

 

また、焚火は各マップにほぼ必ず存在しており、約100の回復が確実にできるためこれも積極的に活用しましょう。

 


③各マップでの進路の選択で迷う

基本的に、

・「ショップ」や「焚火」のあるルートを選択していく

 

ことがオススメです。

慣れてくるとボス以外はノーダメージでも突破できてくると思うので、個人的にはショップ>焚火の順でルート決めをしていくと良いと思います。ショップでの「強化」や「削除」の購入で、どんどんデッキを強化していきましょう。

 


④進度に伴う難易度の上昇
後半になるにつれて敵の体力や攻撃力が上昇し、攻撃パターンも増えます。特にボス戦は厄介です。


ですので、

・苦手なボスを序盤で倒しておけるようにマップ選択をする

 

ことがオススメです。
サフロン選択の場合、私だとセリシー、レヴァやテラが苦手だったので、序盤で雪のマップ(セリシーかヴィオレットが出現)を選択してセリシ―を倒しておくよう心掛けました。

 


⑤スペルやアーティファクトの選択で迷う

基本的に、

 

・不要なものは取らない

 

ことがオススメです。

初クリアに向けては、デッキの豊富さ<デッキの回転数(低コストだと尚よい)が重要になってくると思っているので、デッキコンセプトに関係ないものは取得しないようにしましょう。

逆に「マナジェム」「マナヴェイン」のアーティファクトは積極的に取っていきましょう。

 

 

【デッキの紹介】

さて、ここまでの話を踏まえ、初クリアを目指すためのオススメデッキを紹介していきます。

 

f:id:little-tale:20200428180659p:plain

(画像は私の初クリア時)


○キャラサフロン


○スペル
「アヌビス」「シールドアップ」

ぶっちゃけこの2枚だけあれば何とかなることが多いです。必中の「アヌビス」を連打し、シールド数値を上昇させていくために、デッキのスペルは5枚程度が望ましいです。「アヌビス」1回の使用だと40ダメージですが、毒が入り切る前に連続で使用すると、40→80→120といったように毒ダメージが上昇するので、終盤の体力3000近い敵でも、アヌビス連打で毒ダメージの数値を1000近くまで引き上げる→数秒放置放置で勝利できます。

 

その他スペルとして、「タイムスロー」「スティールスキン」「フォルテ」「キュウケツ」などもオススメです。

 


アーティファクト

「マナジェム」「マナヴェイン」を複数獲得し、デッキの回転を良くしましょう。

その他、防御系や、シャッフル時に効果が発生するものなどもオススメです。

 

○強化、削除について

序盤でブランドフォーカスを行い、「アヌビス」を入手した後は初期スペルは削除し、回転を良くしましょう。強化は「アヌビス」を優先して行い、「アヌビスD(毒ダメージ2倍になる)」を引ければよいです。

 

 

 

道中は運が絡みますが、ラスボスまでは安定して進行できるため初クリアを目指している方々はぜひ頑張ってみて下さい!

 

 

雑ではありましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

質問などあればTwitter(@paru_Qp)まで

 

f:id:little-tale:20200428184003p:plain

 

それでは。

 

活動記録(2019)

 


 

 

 

1月

 

・†USUM†シーズン114514:最高2038

f:id:little-tale:20191230113944p:image

 

実は20乗ったのこのシーズンが最後だったらしい(以降毎期20チャレ落とし銀山、ポトシ銀山)

 

 

2月

 ・えうろぱ旅行

気運で大学のやつに応募したど楽しすぎたので行き得だった。

 

 

little-tale.hatenablog.com

 

3月

 

 

・北海道旅行

f:id:little-tale:20191230115200j:image
f:id:little-tale:20191230115206j:image
f:id:little-tale:20191230115203j:image

北海道に行きたい気分だったので行きました(意味不明)

てぃーぽっと君達とてぃぽてぃぽできたので最高でした(。•̀︿•́。)

 

 

・きゅーぽけ会誌「ないしょばなしvol.1」制作

f:id:little-tale:20191230115447j:image
f:id:little-tale:20191230115443j:image
ついにきゅーぽけも会誌を。

アドバイス下さったkyotounivpokeの方々ありがとうございました。

後輩たちにも受け継がれていくといいな、、、(希望的観測)

 

 

・九州ポケモンフェスタ主催

f:id:little-tale:20191230115646j:image
f:id:little-tale:20191230115643j:image
f:id:little-tale:20191230115640j:image

バロリ、バルドルさん、えびかんさんとマルチできたのは本当に楽しかったです。

www.youtube.com

 

4月

・新歓

自分が入部したときのモンローさんの立場になったと考えた時時の流れは早いでスネってなった(粉みかん)

 

・あもカップ(100人規模オンライントナメ) 優勝

使用構築:ゲコミミマンダポリグライグロス(美しい)

 

f:id:little-tale:20191230120006j:image

ことあとしのぶさんのギルガルドを凍らせて突破してしまったので"天"が勝てと言っていたようにしか思えなかった(鷲巣風)(嶺上開花)(ドラ114514)

 

5月

・outrage(シングルbo3) ベスト8

f:id:little-tale:20191230120706j:image
f:id:little-tale:20191230120635j:image

当日朝シェバーが壊れたので東京来て購入。陸奥宗光ではないのでカミソリは使わないのだ。


f:id:little-tale:20191230120645j:image

Nao君、じおらまとデート❤️
f:id:little-tale:20191230120625j:image

「令和のカワイイを探せ!!!(は?)」

ラナバウツに組織票入れてたの懐かしすぎた(当然ランク外だった)
f:id:little-tale:20191230120648j:image

outrage会場でハルハキくん達とカスケードさんの乳首を開発(絶頂)

 

f:id:little-tale:20191230120632j:image
f:id:little-tale:20191230120621j:image

使用構築はこれでした(予選スイス全勝!)(決勝1落ち最高!)

 


f:id:little-tale:20191230120703j:image

そして伝説へ(名古屋初上陸)

 

・名古屋ポケモンフェスタ主催
f:id:little-tale:20191230120639j:image


f:id:little-tale:20191230120642j:image
f:id:little-tale:20191230120651j:image


f:id:little-tale:20191230120700j:image

じゅけ邸の牛乳パック(意味不明)

遊んでくれた名ポケの方々マジでありがとうございました(迫真)

 

 

6月

・ウルトラダッシュリレー(九大・京大・名大・北大交流戦

 

little-tale.hatenablog.com

 

 

 

・京都遊び

f:id:little-tale:20191230121544j:image
f:id:little-tale:20191230121547j:image
f:id:little-tale:20191230121541j:image

遊んでくれたしんさく、いっき、がんだーくんありがとう!!!

 

 

・3連盟オンライン交流会

 

kpokeunion.hatenablog.com

 

7月

・がにゅーオフ(予選落ちw)

f:id:little-tale:20191230121713j:image
f:id:little-tale:20191230121710j:image

せぱらまが強すぎたのに自分が全敗してありふれた悲しみの果てに飛んで行った。

ノリでななすけさんからサインをいただいた。

 

8月

・きゅーぽけオフ主催(準優勝)

f:id:little-tale:20191230121958j:image

使用構築:カバガル(しゅがーQRありがとう)
f:id:little-tale:20191230121949j:image

 

代表...引退ッ!!!!!!!

little-tale.hatenablog.com

 

 

 

 

・第5回真皇杯九州予選主催
f:id:little-tale:20191230121955j:image
f:id:little-tale:20191230121952j:image

善悪論ではもちろんないですが、ここだけの話をすると、運営に関しては大手企業で働いている感じでした(いや働いたことないけど)。約1年間かけて煮詰めたイベントなので無事に開催できて良かったです。

 

 

9月

ポムポムプリンカフェ・破☆壊

f:id:little-tale:20191230122512j:image
f:id:little-tale:20191230122515j:image
f:id:little-tale:20191230122505j:image
f:id:little-tale:20191230122509j:image

いや見えてねーよ

 

10月

・E-VoLT(台風により中止)

f:id:little-tale:20191230122632j:image
f:id:little-tale:20191230122629j:image
かなしおす〜

 

いつかまた関西でやりたいです。

 

11月

・京都遊び(2回目)

f:id:little-tale:20191230122901j:image

の、前に神戸大の学祭に参加(ドヒ松とフレ戦してボコボコにされた)


f:id:little-tale:20191230122852j:imagef:id:little-tale:20191230122856j:image
f:id:little-tale:20191230122859j:image

遊んでくれたしんさく、いっき、がんだーくん、TK、らっち、ありがとう!

なんとらっちが高校の後輩だったらしくてたまげていた。世界は狭い。イキグルイ。

 

12月

 

・第8回からきおす杯 ベスト4

チーム「なんでもありのポケモンファン達」

メンバー:ちん、いっき、Naoくん、らんのすけさん、radianさん

f:id:little-tale:20191230123304j:image

ヒヒダルマで射精するのが快感だった(五里夢中)

 

 

~まとめ~

上半期はやりたいことやり切りました。下半期は疲れたので休憩してました。

実は引き継ぎが若干心配でしたがなんだかんだ後輩たちが元気にやっているのをみて安心しています。

 

就活始めて思ったけどやっぱり自分はポケモンして生きていくのが楽しいんだなと実感しました。

来年も楽しくやっていきたいです。

 

 

 

 

では、ごきげんよう

 

関連画像

 

 

「代表をやってきた感想」

 

f:id:little-tale:20190824174043p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「イキスギィ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おしまい。ウソ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:little-tale:20190824170628j:image

今年のきゅーぽけプレイマット(イラスト:けいとR)

 

 

 

どうも、ぱるみちんです。ちゃんと語ります。

 

 

 

①はじめに

昨年の夏から約1年間「きゅーぽけ」の代表を務めさせていただきました。きゅーぽけの運営は代表と副代表約3人から構成されており、よくある名前のある役職はないです。名前のない怪物

以降、節目ごとにやってきたことやその裏話を交えながら書いていきます。

 

é¢é£ç»å

 

・去年までの活動記録概要

 

little-tale.hatenablog.com

little-tale.hatenablog.com

 

 

 

 

②夏~秋

待ちに待った?代表就任でした。

まずは、運営4人で今後どういう方針で活動を進めていくかを話し合いました。自分はその場その場ですぐに対応していくのが苦手な性格だったので、9月初頭には年末までのスケジュールはある程度立てておきました。活動方針はざっくり言うと、「きゅーぽけを軸にして、九州全体のポケモンを通しての活性化を図る」というものでした。以降この指針に沿う形で運営はやっていきました(タブンネ

九州は他地方に比べれば圧倒的にサークルの数が少なく、またサークル間の物理的な距離もかなり遠いです。そこで、活動歴の長さからくる層の厚さも加味して、きゅーぽけが中心になってサークル同士が繋がれる場を設け、その後は各サークルでうまい具合に回していくようなシステムを考えていました。対外的、対内的にも今後に生かせると思いました。

 

ã大空ããããã»ãªããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

③秋~冬

・学祭

九大は10月初めに学祭をやるgm大なので、これが代替わり後の初めの試練です。それなりに意気込んでいましたが、初日が台風により中止になって突然の変更を余儀なくされました。初日がぶっ飛んでしまうことは悲しかったので、なんとかこれを生かせないかとミクロ経済学の授業中に考えた結果、オンラインイベントで代替しようと思いつき、実行に移しました。オンラインダブル企画はYouTubeで生放送し、大きなトラブルなく無事に終えられました。この企画を実行するにあたり上回生の方々中心に多大なサポートをしていただき、心から感謝しています。二日目の企画も楽しくやれたので良かったです。モンローさんが学祭終わった後の二次会で泣いたらしいですが、確かに全身びしょ濡れになるくらいの快感はありました。

 

 

little-tale.hatenablog.com

 

 

・きゅーぽけ杯

代表になる前から密かに考えていたことですが、先にも述べた通り、九州は高頻度の物理的な交流は難しいです。そこで、きゅーぽけ主体で定期的にオンライン大会を企画し、オンライン上での交流活性化を目指しました。所謂O2O(online to offline)ってやつです。

対内的にも、シングル、ダブル、特殊ルールなど、様々なルールを部員に楽しんでもらおうということでの企画でした。

数値的な結果だと、11月の大会では200人規模の仲間大会を開催することができたので、まずまずといった感じでしょうか。

ただ、毎月開催というのが想像よりもハードであり、人のモチベーションの維持について考えさせられるある意味深い企画だったように思えます。

 

é¢é£ç»å

 

このころジョジョ童貞を卒業してマジでハマる。

 

 

 

④冬~春

交流戦

学祭オンラインダブルバトルに参加して下さった北大ポケモンサークルの方がアイカツアイコンだったので絶対話が合うと思って交流戦を提案してみたら本当にうまくいったので交流戦を開催しました。アツいアイカツでした。

ついでにモンローさん経由で名大の漢達とも縁があったので、名古屋大もさそってリレー式RTAでのオンライン交流戦を開催しました。ホモは正直、嘘つきじゃない。

 

これマジで楽しかったので、今後もこういう企画が続くと幸いです。

 

little-tale.hatenablog.com

little-tale.hatenablog.com

 

 

・連盟

直接のきっかけはなかったですが、毎年5月に九州ポケサー交流会を開催しており、各サークル代表者の話し合いは避けられないので、各団体の交流促進の意味、他地域サークルの外交の窓口としての意味も込めて九州ポケサー連盟を設立しました。定例会議などは形骸化しそうだと踏んだので、あくまで象徴的な機関として。これを創ったから偉いなどと自慢する人間にはなりたくないですが、後輩たちが少しでも活動しやすくなれば幸いです。

 

・会誌

公認化から5年以上が経ち、部員の層も厚く、成熟していると考えたので、会誌の作成に踏み切りました。作成に当たり、学祭で遊びに行った時に京大のポケモンサークルと縁があったので、頼んだところ、本当に丁寧に教えていただきました。射精。

渾身の一冊が出来上がったと思います。

 

https://pbs.twimg.com/media/D2E0mlbU8AIs_j8.jpg

https://pbs.twimg.com/media/D2E0moTUgAEkb9L.jpg

 

 

京都でのおはなし

little-tale.hatenablog.com

 

 

 

 

・九州ポケモンフェスタ

ここまで、サークル内でも様々な企画を行い、サークル外でも一定のつながりはできたと踏んだので、この時点での次の目標、九州内で大規模ポケモンイベントを開催する、というものに向けて動き始めました。企画当初は、きゅーぽけスタッフ4人を中心に進めていましたが、今後を考えた時に、きゅーぽけに負荷がかかりすぎると考えたため、これはあくまで九州ポケ勢のぱるみちんが開催するイベントにしようと思いました。すでにきゅーぽけオフや九州ポケサー交流会の開催という役割をになっており、さらにに、PCLや真皇杯の運営もきゅーぽけが窓口になっているような状況でした。これは九州地方の課題の1つだと思っています。もちろんハードワークが好きな人にはオススメですが、、、 

ここの立ち回りに関しては諸説ありますが、後世に負担を残したくなかったのと、罪が着せられるとしても自分ひとりなのでまあ良かったのかなと。

 

とりあえず、このイベントはライバロリにノリでDM送ったらゲスト参加OKしてくれて(サントスには断られたのであ~チントス~と叫んでいた)上振れたのと、シングルバトルだけではなく、カードも合わせたオフの新しい可能性を感じさせてくれたので非常に満足です。

 

ここで、当初立てた目標は達成したので、もう思い残すことはないかなといった感じでした。

 

 é¢é£ç»å

トマトバジルチーズのイキスギサンドウィッチ!エクセレンッ!

 

 

 

⑤春~

しかし、この男の情熱が冷めるはずもなく、企画欲が次から次へと湧いてくる毎日。マジで自分壊れてんな~とか思いながら、そろそろ個人活動にシフトしようという思いが強くなってきました。所謂転職的な。まあこういう性格なので、これ以上自分のワガママに身内を巻き込みたくなかったという思いもありました。

 

GWに名古屋に遊びに行くこともあり、九州ポケモンフェスタのノウハウを生かして試しに名古屋でオフを開催することにしてみましたが、予想以上の出来で、非常に満足でした。地方ごとに様々な種類のポケモンやバトルのルールがあるように、オフも地方ごとに様々な違いがあるので、その地域独特の雰囲気に触れることは自分にとってかなり刺激的でした。

 

これから時間に余裕があるかは分かりませんが、オフ運営を通して、ポケモンというコンテンツを通して出会った方々とのつながりを深めていきたいです。

 

 

 

 

⑥まとめ

なんか半分まとめに入りかけていましたが、

代表として過ごしたこの1年は本当にかけがえのない時間だったと思います。もちろん、自分のやってきたことすべてが正解ではないです。ただ、1つ1つの企画での立ち回りは、レート以上に自分を楽しませてくれるものであり、1年前と比べ大きく成長できたと思います。

 

きゅーぽけについて自分の見解を少し述べておくと、これからはまた違った時代がくると思っています。

組織としてのきゅーぽけは世界大会にダブルでもカードでも出ました、レートでは7世代だけでもシングル2100を5人以上出しました、他にも数多くの結果を出しています。正直こんなサークル全国でもここくらいだと思っています。しかし、それはあくまでポケモンを楽しんだ(頑張った)結果で、束の間のものに過ぎないです。現行世代が引退していく中で、また違った価値観を持った人間で構成されると思います。中の人間が変われば組織も変わるので、これからも楽しみです。

かなり成熟したサークルだと考えていますが、それをどうするかは次次第列車でしょう。

 

とにもかくにも、本当に楽しいサークルでした。

 

 

九州の話をすると、結論は出ないままです。

きゅーぽけが各地のサークルやオフと絡みがある上に、サークル以外の人間がオフを開催することが相対的に少ないのは事実ですが、特定の人間に一任するのがいいのやら、分散型システムを整える方がいいのやら。

とりあえず、PCLと真皇杯の運営はしばらくの間必要になってくるのでそこをうまく解決して欲しいですね。自分もいつまでこの地方にいるか分からないので。

 

 

 

 

⑦おわりに

サークルを通して得たものは人生の宝だと思っています。

ここで話したことはほんの一部ですが、何かの参考になれば幸いです。

最後までワガママな代表でしたが、1年間本当にありがとうございました!

 

 

ãã¢ãªã¼ãã´ã§ã«ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

 

 

~special Thanks~

(個人名出していくとキリがなかったので団体として割愛させていただきます、抜けあったらすみません、、、)

・きゅーぽけ同期、後輩のみんな

・きゅーぽけ先輩の方々

・九州内のサークルの方々

・九州オフ界隈の方々

・PCLの方々

・名大ポケモン研究所の方々

・名大ヤジュモン研究所のみんな

・北大ポケモンサークルの方々

・神山ポケモンサークルの方々

・ねおポケのンアーッ♂の方々

・こがポケの方々

タブンネの方々

・岡大ポケモンサークルの方々

P2ラボの方々

・SPLの方々

・ぽけてくの方々

・山大ポケモンサークルの方々

東京大学玄米オムライスサークルオムっちの方

・でんりぽけの方々

・同ポケの方々

・PTPの方々

・京大ポケモンサークルの方々

・kyotounivpokeのみんな

・kyotounivstudyのみんな

 

・その他オフや通話で出会ったすべての方々

 

 

 

 

 

 

 

オマケ:うもれたネタ記事たち

 

アメリカ行った時の

little-tale.hatenablog.com

 

little-tale.hatenablog.com

 

 

 ・女はクソ

little-tale.hatenablog.com

 

・武道館のアイカツライブ

little-tale.hatenablog.com

 

 ・くろこくん

little-tale.hatenablog.com

 

 実はポケカの大会出てたやつ

little-tale.hatenablog.com

 

 怠惰は罪

little-tale.hatenablog.com

 

 本当に死にかけた

little-tale.hatenablog.com

 

 ファミマ

little-tale.hatenablog.com

 

 

ヨーロッパ行ってきた時の

little-tale.hatenablog.com

 

 

 

 

ほんとうにおしまい。

 

ããã±ã¢ã³ãfinãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ